住宅メーカーのチラシを見るとやたら見かける

「ママ目線の家」というキャッチコピー。

最近、とてもひっかかります。

 

こんにちは。

一級建築士+ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

一度目の育児休暇から復帰した時に、社長に言われた言葉。

 

「女性目線で!和田さんにしかできないから!」

 

確かにKJWORKSには、子持ちの女性スタッフは私しかいません。

「今まで男性社会でバリバリやってきたのに、急に女性目線って言われても…」

と、こっそり思っていました。

 

娘が1歳の時に仕事に復帰してから6年になります。

復帰当初はオットが資格試験勉強をしていたこともあり、

世の言うところのワンオペ育児に近い状態でした。

 

今思えば、アレルギーもない娘のごはん作るだけで、なんであんなに疲れ切っていたのか。

毎日子供と一緒に寝落ちてしまい、自分の時間<体力の回復、な毎日でした。

 

オットが無事に合格して、週末を家族のために使うようになってからは、

オットの担当する家事がじわりじわりと増えていき、

今では「手の空いてる方が家事をする」というスタイルになっています。

 

そしてライフオーガナズを学び、家の仕組みを見直していて思うようになりました。

 

「ママ目線」「女性目線」という言葉自体が、

「女性が家事をするもの」という固定概念にしばられている証拠。

それに拘り続けている限りは、ママがラクになる日は遠くなるばかり…

 

Nigi+の新築オーガナイズのコンサルティングは、

ご夫婦で受けていただくことを基本としています。

男性にも主体的に片づけにかかわっていただくには、

片づけに向き合っていただく「時間」が必要だと思います。

 

「女性目線」ではなく「家族目線」

「私が使いやすい」ではなく「家族が使いやすい」

 

まずは女性が抱え込んでいたものを手放すことで、

きっと楽になれることがたくさんあるはず。

そんな風に思うのです。

 

台風一過の淀川から望む夕日。

明日は良い一日になりますように。

 

 

ブログランキング参加中

↓ワンクリック応援お願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

募集中のセミナー:

■お片づけカフェSPECIAL
日時:11月3日(金・祝)
時間:12:30~16:00
場所:くらしの杜 感謝祭
参加料:100円、500円
予約不要

このページをシェアする