収納を作ることを止める提案をしました

奥行きの深い収納って本当に使いにくいですよね…

築30年の我が家は奥行の深い収納しかないので、

有効に使うのにだいぶ工夫をしています。

 

こんにちは。

一級建築士+ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

大工工事が完了した現場の確認に行ってきました

 

ローラーしっくいを仕上げる前なので、まだ薄茶の室内ですが、

仕上げが終わると、もっと明るい空間になります。

 

IMG_4427 (1)

この写真は、2階のフリースペースです。

将来は子供部屋として間仕切る予定ですが、

今は全く間仕切りのない大きな空間。

 

子供が遊ぶスペースとして使ったり、

室内干しの場所として使ったりされる方が多いようです。

 

最初の計画にはあったはずの〇〇がありません

 

IMG_4427 (2)

プランが決定し、実施設計担当の私の手元に来た時、

赤枠の場所は、押入れサイズの収納があり、引き違いの戸がある計画でした。

 

打合せをしながら、この部屋の使い方をお伺いしていく中で、

押入れサイズの奥行が、使い方に見合っていないことに気付きお伝えしました。

 

それならば、収納の奥行きを小さくしますか?ともお話ししたのですが、

お子さんがまだ小さく、将来の使い方がイメージできないので、

いっそのこと引き戸もやめてしまって、部屋の一部として置いておくことに。

 

これで将来間仕切り工事をするときに、

使い方に合わせたサイズの収納を作ることができます。

 

今、全て決めなくてもOK

 

お子さんが小さいうちに家づくりをされる場合、

将来の使い方がイメージできない…ということは、みなさんあると思います。

 

「わからないけど、一般的にはこうだよね」という収納の作り方が、

その家族にとっての正解とは限りません。

 

分からないことは、将来手を加えるためにあけておく

 

そんな選択もありますよ。

無駄のない家づくりの参考にしてくださいね。

 

 

 

 

ブログランキング参加中

↓ワンクリック応援お願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

募集中のセミナー:

■お片づけカフェ
日時:10月8日(日)
時間:10:00~16:00
場所:くらしの杜「かぐら」コラボカフェ
相談料:500円/30分 (最大2時間まで)

■共働きで時間がない人のための「時間のオーガナイズ講座」
日時:10月1日(日)
時間:13:30~15:30
場所:くらしの杜「かぐら」
受講料:3500円/人(JALO会員 2500円/人)