チャリティイベントを振り返る

家事に仕事に育児に忙しい方々が、「私にもできそう!」と思うきっかけになるイベント。 単に時短のテクニックではなく、自分の時間を手に入れるため、未来を見るための、思考・情報・時間のオーガナイズができるプログラムでした。

いらないと思っていたキッチンツール

オットが独身時代からつかっていた缶切り。近頃めったに使うことがなくなり(たいていの缶はプルトップで開けられるので)ずっと眠っていました。久しぶりに必要になって出して使ってみたら、劣化したプラスティック部分がバキッと割れてしまいました。

ゴールデンウィークに大掃除がオススメ

私のゴールデンウィークは1~5日の5日間です。子ども達は小学校や保育園があり、オットもカレンダー通りのお休み。ということは1日と2日の二日間は自分時間!さあ、この二日間をどう使おう?普段、忙しくてできないことをやってしまいたい。一日目の今日はものすごくいい天気~

生活スタイルが変わったら”時間の見える化”も見直そう

朝と晩30分ずつ時間にゆとりを持つことができるようになりました。24時間のうちの1時間なので、これは生活リズムがかなり変わります!“よし、これはいいチャンス!”生活リズムを見直さなければ!以前からダイニングキッチンに時計がないことが気になっていた私は、無印良品週間を利用して掛け時計を買いました。

チャリティイベントはボランティアですが本気です!

チャリティイベント大阪会場は、大阪市中央公会堂で行います。当日と同じ場所を借りて、通しでリハーサルをしました。
チャリティイベントは、ライフオーガナイザーがボランティアで運営しています。でもボランティアとはいえ、決して手を抜きません。司会のタイミング、イスの配置、人の流れ、パワーポイントの切り替え・・・そこまでこだわるの?という徹底っぷりです。

チャリティイベントは 人の役にも立つ上に 自分にも良いことがあるイベントです

チャリティイベントとは、ライフオーガナイザー協会主催、全国17会場で開催される大イベントです。全国のライフオーガナイザーが企画運営するこのイベント。参加費から経費を差し引いた収益を全額、東日本大震災、熊本地震の支援金としての寄付を予定しています。(実行委員もボランティアでの運営です)

このページをシェアする