生活スタイルが変わったら”時間の見える化”も見直そう

朝と晩30分ずつ時間にゆとりを持つことができるようになりました。24時間のうちの1時間なので、これは生活リズムがかなり変わります!“よし、これはいいチャンス!”生活リズムを見直さなければ!以前からダイニングキッチンに時計がないことが気になっていた私は、無印良品週間を利用して掛け時計を買いました。

こども手帳でも”時間の見える化”に取り組みます

小学生のお悩みに多いのは「時間をだらだらと使ってしまう」ということ。本人がそう思っていることもあれば、本人はそんなに思っていないけど、保護者の方に繰り返し注意されているから…ということも多いようです。そうなると、本当に「時間をだらだらと使っているのか?」ということから、考えてみることが必要です。

来年の「こども手帳」を考える時期になりました

娘は「ほぼ日手帳」を使っています。正直、安いものではありません。
もっとお手軽なものを…とも考えたのですが、100均のほぼ日手帳風だと、日付の欄が空白。
毎日、日付を書かないといけない、という点が足かせになり、手帳が習慣にならないのは困るなぁと思っての投資でした。

このページをシェアする