室内干しのカタチ

収納のカタチシリーズ。テーマは室内干しです。

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザーの和田さや子です。

日中家にいないので外に干せない・・・
花粉症で外に干せない・・・
PM2.5が気になる・・・
外に干すのが面倒・・・

いろいろな理由で、洗濯物は室内干しが基本というおうちも多いと思います。

外干しが基本のおうちでも、梅雨時期は雨続きで外に干せない、

やっと晴れたと思って外に干したら雨が降ってきた!

最初から室内干しのスペースを用意しておけばよかったーとならないよう、

プランの段階から室内干しの場所を確保してください。

 

■室内干し専用の部屋を用意

室内干しと言うと、洗面室や浴室に干すことが多いと思いますが、

度々使うこのスペースに洗濯物を干すと、動線のジャマになるし、見た目もスッキリしない・・・

そんな問題をクリアするために、ぜひ、室内干の専用部屋を用意してください。

4人家族だと2畳ほどのスペースがオススメです。

室内干3

場所は「洗う」→「干す」の動線が短くなるよう、洗濯機のある部屋の横。

部屋として独立させることで、衣類除湿乾燥機がよく効きます!

 

■寝室に室内干しスペースを用意

室内干2

独立した部屋を確保するのが難しい場合は、寝室をすこーしだけ拡張させる方法もあります。

洗濯物は朝干す派の場合なら、寝る以外には使わない部屋なので、

日中洗濯物を干しておいても大丈夫。クローゼットが近いので、「干す」→「しまう」の動線が短くてすみます。

湿気が気になる場合は、除湿機などでコントロールしてくださいね。

 

■吹き抜け周りに室内干しスペースを用意

全館空調をしていたり、薪ストーブがあったりするようなおうちでは、吹き抜け周りに干すと、よく乾きます。

室内干4

吹き抜けの手摺に、布団を干しているおうちも見かけます。

空気がタテに動く空間なので、ジメッとしにくいのが利点。

吹き抜けがリビングから見渡せるような間取りの場合も多いので、来客が余り多くないおうちにオススメです。

廊下やホールの一部を利用するので、通る時にジャマにならないような配慮も必要です。

室内干しスペースを確保すると、洗濯物が乾かなくてイライラしたり、

紫外線にあてないことで衣類が長持ちしたり、いろいろなメリットがあります!

「洗う」→「干す」→「しまう」の動線計画上にピッタリくる、室内干しのカタチ探してみてくださいね。

 

 

ブログランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村