無垢材と集成材

 

台風が近づいてきていますね。

暑さが和らいでほっとする反面、大きな被害が出ないか心配です。

 

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザーの和田さや子です。

 

KJWORKSでは家づくりの仕方が大きく分けて2種類あります。

構造材に無垢材を使った木想家 と 集成材を使ったビッグウォール工法。

集成材とは、その名の通り断面寸法の小さな木を接着剤で積層してつくられます。

木材によってばらつきを抑えることができるので、安定した強度が得られるのがメリットです。

IMG_1112

 

杉の集成材を化粧柱としてみせた事例の写真です。

横から見ると積層されていることがわかりますね。

ちなみに写真の奥にうつっている階段材はパインの集成材です。

 

無垢材も集成材も、それぞれメリットデメリットがあります。

両方を理解して、納得のいく方を選んでください^^

 

ランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村