勉強に集中するための環境づくり

今日は朝から、着工前の現場の地縄をしてきました。

敷地の中に家のカタチが描かれると、

図面の中で考えてきた家の姿が現実味を帯びてきますね。

 

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザーの和田さや子です。

 

今日は地縄・・・の話ではなく、先日のスタディーコーナーオーガナイズの続き。

 

娘が保育園から小学校にあがるため、勉強に集中できる環境づくりを考えています。

そこで目をつけたのが、スタディーコーナー後ろにおいていたこちらの棚。

img_1925

絵本、おもちゃ、ドリル、娘の趣味の物・・・

ざっくり分類はできていますが、棚の中に混在しています。

 

弟が姉の邪魔をしないようにするため、

勉強スペースと遊びのスペースをきっちりと分けることにしました。

img_1944

棚を組み替えて3段に。

こちらのスペースには絵本や勉強に関するもののみとして、

おもちゃはすべて隣の和室へ。

img_1943

絵本棚とスタディーコーナーの位置関係はこちら。

間仕切り壁をはさんでお隣同士。

息子が絵本を散らかしていても、スタディーコーナーからは死角になっています。

でも、収納場所の距離としては遠くない点がよさそうです。

 

しばらく、このカタチで使ってみて、ストレスポイントがあれば改善していきたいと思います。

 

娘のお友達の家では、そろそろ注文したランドセルが届き始めているようで、

娘も自分のランドセルはまだかな~と、もう待ちきれない様子。

でも、娘のランドセルが届くのは、実は3月と、入学ぎりぎり!

ちゃんと届くかなぁ・・・

ランドセル置き場も、そろそろ考えていこうと思いますー

 

棚から追い出されたおもちゃの行方は、また次回。

 

「キッズオーガナイズ」の過去記事
姉弟ケンカをなくすお片付け
おもちゃ棚オーガナイズのタイミング
ワンアクション収納+ラベリングの合わせ技

 

↓ ブログランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村