ストレスのない室内干しのために家づくりで考えておきたいこと  1.室内干し臭を防止するための一工夫

いよいよ梅雨モードに突入しましたね。

室内干しについては、ご相談をうけることがとても多いです。

室内干しについて書いた記事へのアクセスも多いので、

一度、全体をまとめて書き直したいと思います。

 

こんにちは。

一級建築士+ライフオーガナイザー®の和田さや子です

 

ストレスのない室内干しのために家づくりで考えておきたいこと

1.室内干し臭を防止するための一工夫 ← 今日はココ

2.洗濯用品にも収納の定位置を

3.急な来客、室内干しがピンチ!

 

わが家では年中室内干しなので、梅雨だから洗濯に困る、ということはないのですが、

室内干しだからこと、普段の洗濯でひと手間加えていることがあります。

それは…

お湯で洗う

 

洗濯は40~50℃のお湯で洗うことにしています。

でも、わが家の洗濯用カランは単水栓(水しかでない)

どうしているかと言うと、浴室のシャワーホースをグンと伸ばして、

シャワーで洗濯槽に直接お湯を入れています 笑

 

最初は節水のために、お風呂の残り湯を使っていました。

ですが、しばらくして問題に気づきました。

夜に洗濯をするので、お風呂入ってから洗濯機を回すと、

寝るのがどうしても遅くなってします。

時間短縮のため、残り湯を使うことは諦め、

お風呂に入る前に洗濯を回し、出てきてから干すというしくみに変えました。

 

酸素系漂白剤が一番効果を発揮する温度が40~50℃と言われています。

お湯洗いに変えたことで、酸素系漂白剤が効き、室内干し臭がなくなりました。

更に、洗濯が終わったらなるべく早く洗濯機から取出し、

扇風機と除湿器を活用することで、素早く乾かしていることも、

室内干し臭防止に役にたっているようです。

 

ですが、わが家の「お湯洗い」も良いことばかりではありません。

お湯を貯める時につきっきりでいなくてはいけないので、

その時間がもったいないし、とても面倒なんです。

 

なので、これから家を建てる人にぜひおすすめしたい。

 

「洗濯用カランを単水栓ではなく混合栓にしておくこと」

 

これで、お風呂の残り湯を使わなくても、

シャワーを伸ばして入れるなんて荒技を使わなくても、

お湯で洗濯をすることができます。

TOTO
左が混合水栓 右が単水栓(TOTO製)

コストアップの要因となることなので、

室内干しをめったにしない方は、無理に混合水栓にする必要はありません。

家づくりの中での優先順位を見直してみてくださいね。

 

蛇足…室内干しとは関係ありませんが、

粉せっけんでお洗濯をする人も、忘れず混合水栓にしてくださいね。

 

 

ランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

募集中のセミナー:
■お片づけカフェ
日時:7月6日(木)
時間:10:00~16:00
場所:くらしの杜「かぐら」コラボカフェ
相談料:500円/30分 (最大2時間まで)随時募集:
■プライベートレッスン
時間:2時間
定員:1組
受講料:5000円/組
持ち物:筆記用具★ご希望の日時をお伺いしてご夫婦で受講いただけます。
プライベートな話をほかの人に聞かれたくない方、じっくり相談したい方にオススメ。