自分の中の小さな「男尊女子」のカケラ

知人に薦められて1冊の本を読みました。

 

こんにちは。

一級建築士+ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

41mTtb2m8DL._SX342_BO1,204,203,200_

社会現象を巻き起こした『負け犬の遠吠え』、子の有無から女性の人生を考察した『子の無い人生』など、自身の同世代と並走し話題作を送り続ける著者が、現代日本社会の男尊女卑意識に切り込む。日本社会の男尊女卑感は、男性側だけによるものなのか。女性側にも「男が上、女が下」という意識はないだろうか。現代日本社会の女性蔑視感を女性側の視点から浮き彫りにする。(AMAZON内容紹介より引用)

 

筆者の酒井 順子さんは、私より一回り年齢が上・・・ということで、

少しジェネレーションギャップを感じる場面もありましたが、

最後まで一気に読み切りました。

 

「男尊女子」は私の中にもいる

 

男女平等と言われて、等しく教育を受けてきた私たち。

大学を卒業し、就職するまでは、男女の差なんてほとんど感じませんでした。

しかし、結婚、出産という節目を経て、突然やってくる「男の役割」「女の役割」の差。

 

妻が働き続けることに全く異存はなかったはずの夫なのに、

蓋を開けてみれば、家事の大半は妻が担っている…

 

あれ?おかしいな?なんで私ばっかり?

 

助けを求めてネットを開くと並ぶアドバイスは、

「夫は長男だと思えば楽」とか

「うまくおだてて家事を分担するのがコツ」とか。

そうやって上手に夫をコントロールするのも一つかなと思いつつ、

いやでも、私は夫の母親じゃないんですけど、とモヤモヤ。

 

その揺れる心の根底にある、小さな「男尊女子」という存在に気づく本でした。

 

夫への要求の矛盾

 

フルタイムで男性と対等に働いている女性であれば、

ほとんどの人が直面するであろう、

夫が家事育児をしてくれない(もしくは割合が少ない)という悩み。

 

男も女も対等に働く時代よ!

家事もちゃんとやってよ!

 

と思う一方で。

 

男なんだからしっかりしてよ!

父親らしい存在でいてほしいわ!

 

この2つの要求って矛盾していますよね。

 

自分と同じように家事育児をきちんとこなす役割を担ってほしいのか、

それとも、夫として父親としての存在感を維持してほしいのか(経済的側面含む)、

その両方を求めるのは、さすがに男性にとって酷。

それは、働きながらも、完璧な「母親」を求められてもできないのと一緒ですから。

 

筆者の言う通り、昭和に生まれ平成に生きる私たちは、

その矛盾に悩む最後の世代になるのかもしれません。

 

自分の中の「男尊女子」と共生する

 

たった今から突然、

よし「私の中の男尊女子は捨てる」と簡単に切り離せる問題ではなさそうです。

 

切り捨てることができないのあれば、どう付き合っていくのか。

 

ある日、突然「オレ専業主夫になりたいんだけど」と言われた時、

経済的な問題がなければ、受け入れられるか…

極論ですが「男尊女子」を手放すということは、

そういうことじゃないかな?と思います。

 

やっぱり夫には、しっかり外で働いてきてもらわないと、と思う私がいれば、

家事育児分担のボーダーラインは「平等」である必要がないのかな、と。

それは「男性らしさ」を夫に求める代わりに、

自分も「女性らしさ」を担うということ。

 

こうして、自分たちの価値観が明確になると、

お互いに不満をぶつけあう関係から、

サポートしあえる関係になるのかもしれませんね。

 

私たちの子供たちが大人になった時、

 

男尊女子?なにそれ?

全然共感できないんだけど。

 

という時代になっているといいなぁーと思います。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

募集中のセミナー:

■Nigi+オリジナルセミナー
日時:8月20日(日)
時間:13:30~15:30
場所:くらしの杜「かぐら」
受講料:2500円/組

■お片づけカフェ
日時:9月7日(木)
時間:10:00~16:00
場所:くらしの杜「かぐら」コラボカフェ
相談料:500円/30分 (最大2時間まで)

随時募集:

■プライベートレッスン
時間:2時間
定員:1組
受講料:5000円/組
持ち物:筆記用具★ご希望の日時をお伺いしてご夫婦で受講いただけます。
プライベートな話をほかの人に聞かれたくない方、じっくり相談したい方にオススメ。