お問合せはこちら
”片づく家”づくりのヒント

キッチンの通路は何センチが最適?

暮らしには、無限に答えがある。

一級建築士の和田さや子です。

家づくりは「性能や機能」という基盤の上に、それぞれの「暮らし方」を重ね、最後には「好き」をちりばめていきます。
そんな「理想の家」をさがすためのヒントを発信中です。

お盆休み、遊びまわってすっかりキッチンから遠ざかっていますが、今日はキッチンの通路幅について書きたいと思います。

 

こんにちは。
一級建築士+ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

2列型と呼ばれるキッチンの場合、キッチンカウンターと背面カウンターの間の通路、何センチですか?「特に考えたことない」「ハウスメーカーにお任せで決まっちゃったわ」という方も多いかもしれません。

 

最低限欲しい80センチ

 

新築の場合、よほどの制約がなければ、最低でも80センチはとっておいた方がいいですね。我が家のキッチンも通路は80センチです。1人立って作業していて、後ろを人が通れなくもない…でも、ぶつかったりするから邪魔だなぁ、という幅です。

 

逆にメリットもあります。

  • 2つのカウンターの行き来がとてもしやすいので作業性が高い。

 

キッチンに立つのが「ほぼ一人」という場合で、キッチンはコンパクトに収めたい方には80センチがオススメ。

 

ゆったり90センチ

 

2人で作業したい場合は、90センチあるといいですね。後ろを通っても邪魔にはならず、並んで作業がしやすい幅です。

 

  • 子供さんに料理を積極的に教えたい。
  • 休みの日は夫婦が一緒に料理をする。

 

そんなご家族にオススメです。

 

余裕の100センチ

 

キッチンの突き当りにドアがあって、サニタリールームに続いているなど、動線上に通路がある場合は、余裕をもった100センチをオススメします。

モノを持った人が後ろを通っても、ぶつかりにくい余裕の寸法です。あまり通路が広すぎると、カウンター同士が遠すぎて、こっちからあっちへとモノを移動するときに、不便なこともあります。

 

間取り図に寸法が載っていない時は、ぜひ聞いてみてくださいね。カウンター位置を少しずらすだけでも、使い勝手はかなり変わります。ぜひ、家づくりの参考にしてくださいね。

 

お知らせ
片づけ収納ドットコムに毎月掲載中!

日経WOMAN2020年12月号で自宅収納を紹介