お問合せはこちら
キッズオーガナイズ

「自立した子になって欲しい」という言葉の裏

こんにちは。こだわりの注文住宅の設計を生業としている和田さや子です。
家づくりは間取り以外にも考えることがたくさん!
間取り、省エネ、耐震性、耐久性、整理収納、インテリアなどなど、全方位から「理想の家」を探し求めるブログです。 自邸は2020年に建築。

2学期が始まって、2週間が経ちました。

娘もようやく通常運転が軌道にのり、

毎日のルーティンの感覚が戻ってきているようです。

 

こんにちは。

一級建築士+ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

「自立した人間になって欲しい」という意味

 

私は娘と息子に「自立した人間になって欲しい」と思って接しています。

 

選択理論やアドラー心理学の本を読み、

なるべく横の関係を築くことを目標に日々行動しています。

 

(できているかどうかはさておき)

 

本屋さんでちらっと読んだ本に「真の自立とは何か」という問いかけがありました。

 

私も子供たちに対して行動していることって、本当に「自立」につながっているのかな?

「なんでも自分でできて手がかからない子」になって欲しいだけじゃないのかな?

そんな不安がわいてきました。

 

娘を見ていて気付いた「自分で出来る子」のマイナス面

 

我が家の会話

母→娘

「ママは手伝わないから、ちゃんとやっといてね」

娘→息子

「これ〇〇くんのやからな!ちゃんと自分でやり~や!」

 

手伝わないことは、息子の成長のために必要なことでもあります。

その一方で、自分より小さな子への接し方と考えると、

もうちょっと優しく手伝ってあげてもいいじゃない…と思うこともあり、

「一緒にやりながら教えてあげて」と伝えることもあります。

 

でも、それは私が普段娘にしている行動のカガミなんですよね。

 

自分でできることは頑張ってみよう

やり方がわからない時は相談にのるよ

どうしてもできない時は手伝うよ

 

そんな風に接することができたら、

きっと娘も同じように、自然と息子をサポートしてくれるはず。

 

自立は「なんでも自分で出来ること」ではない

 

自分で考えて、自分で出来ることを増やしたいと思う前向きな姿勢。

困ったときに人に相談したり、サポートを依頼できること。

周りに助けを必要とする人がいたら、助けてあげられる勇気。

 

それが本当に「自立」しているということなんだろうな、と思います。

 

今までは、娘に対して、

「自分のモノは自分で片づけて!手を出したら負けだ」

くらいに思っていました(極端ですね笑)

 

もうちょっと柔軟に助けを出してあげてもいいんだな。

そんな風に思うようになりました。

 

親もまだまだ発展途上ですから、これからも試行錯誤で進んでいきます。

 

 

ブログランキング参加中

↓ワンクリック応援お願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

募集中のセミナー:

■お片づけカフェ
日時:10月8日(日)
時間:10:00~16:00
場所:くらしの杜「かぐら」コラボカフェ
相談料:500円/30分 (最大2時間まで)

■共働きで時間がない人のための「時間のオーガナイズ講座」
日時:10月1日(日)
時間:13:30~15:30
場所:くらしの杜「かぐら」
受講料:3500円/人(JALO会員 2500円/人)

 

お知らせ
片づけ収納ドットコムに毎月掲載中!

日経WOMAN2020年12月号で自宅収納を紹介