お問合せはこちら
キッズオーガナイズ

小学校1年生に教わる 家事の時短テクニック

こんにちは。こだわりの注文住宅の設計を生業としている和田さや子です。
家づくりは間取り以外にも考えることがたくさん!
間取り、省エネ、耐震性、耐久性、整理収納、インテリアなどなど、全方位から「理想の家」を探し求めるブログです。 自邸は2020年に建築。

最近の娘のアルバイトのメインは洗濯物たたみです。家族の分全部畳んでしまって10pt。100Ptたまると100円に換金できる仕組みです。

 

こんにちは。

一級建築士+ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

疲れていて「今日はやめとくわ~」という日もありますが、なかなかキレイにたたんで、ちゃんと引出しにしまってくれます。畳み方は、オットには負けるけど、私と同レベルくらい?

 

そんな娘が、あるとき・・・

むすめ
むすめ
そうだ、Aちゃん(お友達)にいいこと聞いてん

こうやったら、手際よくできるらしいわ~

と、手際よく洗濯物をを仕分けていきます。お友達の言うことには、畳む前に種類ごとに分けておくとスムーズなんだそうです。

 

母
ほんまやな~すごいスムーズやわ

 

Aちゃんは、娘と一番の仲良しのお友達です。家もわりと近く、クラスも一緒、学童も一緒。お母さんが忙しくて、下に弟妹がいるのも一緒。きっと、お家でいろいろとお手伝いしているんだと思います。

 

小学校1年生が、家事の時短について話しているって・・・その様子を想像して、なんだか可笑しくなってきました。

 

共働きだと、子供が自分で自分のことをしなくてはいけない場面が多かったり、家事のお手伝い比率があがったり、客観的に見たら大変な面も多いかもしれません。同じように頑張っているお友達が身近にいるのは心強いです。

 

ケンカすることもあるみたいですが、それも含めて仲良く、切磋琢磨しながら、成長していってほしいですね。

お知らせ
片づけ収納ドットコムに毎月掲載中!

日経WOMAN2020年12月号で自宅収納を紹介