お問合せはこちら
自宅オーガナイズ

月に一度の楽しみはカレンダーをめくること

暮らしには、無限に答えがある。

一級建築士の和田さや子です。

家づくりは「性能や機能」という基盤の上に、それぞれの「暮らし方」を重ね、最後には「好き」をちりばめていきます。
そんな「理想の家」をさがすためのヒントを発信中です。

12月に入りましたね。

今朝、朝ご飯を食べる時にしたこと…

それは、子どもと一緒にカレンダーをめくることです。

 

こんにちは。

一級建築士+ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

わが家のカレンダーは、毎年オットが取引先から頂いてくるものです。

動物の写真が載っており、娘が喜ぶかな?と飾ったのが最初でした。

 

 

それまでのカレンダーと比べて、オシャレ度は下がっています。

子どもが小さいうちだけは、妥協ポイントかな…と

 

今日、たまたまTwitterで興味深いつぶやきを見つけました。

 

 

ここに続く、一連のツイートもぜひ読んでいただきたいと思います。

子どもにとって“文字環境の砂漠化”が起こっているという話題でした。

私もスッキリしたインテリアを好むので、ドキっとしました。

 

と、同時に“カレンダーを選んだ基準”が、

子どもの文字環境にとって意味があるのだな、と気付きました。

 

オシャレでもなんでもないカレンダーですが、いいことがいくつもあります。

 

  • 娘はこのカレンダーで、日付の読み方や曜日を覚えました。
  • 毎月「今月は何の動物かな?」とめくることを楽しみにしています。
  • 動物の写真に添えられた解説を読んで会話がはずみます。

 

本をたくさん読む子になって欲しい。

そのために出来ることは、絵本を買うだけではないようです。

日常のあちこちにちりばめられた言葉で、

子どもはグングンと吸収していくんですね。

 

そんなことを考えると、

生活感のある雑然とした部屋にもちょっと愛着がわくから不思議です。

 

 

ブログランキング参加中

↓ワンクリック応援お願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

募集中のセミナー:

■お片づけカフェ
日時:12月3日(日)
時間:10:00~16:00
相談料:500円/30分
場所:くらしの杜「かぐら」

■子育て世代・共働き夫婦のための
「時間がなくても実現できる!片づけに悩まない家づくり」
日時:12月17日(日)
時間:13:30~15:30
受講料:2500円/組
場所:くらしの杜「かぐら」

お知らせ
片づけ収納ドットコムに毎月掲載中!

日経WOMAN2020年12月号で自宅収納を紹介