お問合せはこちら
”片づく家”づくりのヒント

みせる収納と隠す収納のバランス

こんにちは。こだわりの注文住宅の設計を生業としている和田さや子です。
家づくりは間取り以外にも考えることがたくさん!
間取り、省エネ、耐震性、耐久性、整理収納、インテリアなどなど、全方位から「理想の家」を探し求めるブログです。 自邸は2020年に建築。

片づけが苦手な人に、「収納の扉外してみませんか?」というご提案をすることがあります。扉の開け閉めが億劫で、元に戻せない…(私のことです笑)扉一つなくなるだけで、こんなに片づけやすくなるのか?と驚いていただくこともあります。

 

こんにちは。
一級建築士・ライフオーガナイザーの和田さや子です。

 

そんなことをお話した結果、子ども部屋のクローゼットのカタチをこんな風にしてみました。

 

 

収納スペースのうち1/3は扉のない全くのオープンスペースにしました。このスペースは、普段よく着る洋服をハンガーパイプにかけ、下には棚や衣装ケースを置く想定です。オンシーズンのものだけをこの場所に置き、それ以外のもの(オフシーズンの服や、使用頻度の低い雑貨など)は、引き戸のついた収納の中に入れます。

よく使うものは出し入れしやすさを最優先。あまり使わないものは、扉の中にしまいスッキリと。とても分かりいやすいバランスの出来上がりです。見せると隠すのバランスは、その人によって違います。今回はお子さんの部屋ということで日常的に着る洋服はそれほど多くなく、1/3という結論になりました。

ぜひ、自分のモノたちと向き合って、ベストバランスを見つけてくださいね。

 

 

 

ブログランキング参加中

↓ワンクリック応援お願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

募集中のセミナー:

■自立心を育てる「こども手帳」を作ろう!
日時:3月18日(日)残り2席
時間:10:30~11:30
受講料:500円/人
場所:くらしの杜「かぐら」

お知らせ
片づけ収納ドットコムに毎月掲載中!

日経WOMAN2020年12月号で自宅収納を紹介