お問合せはこちら
キッズオーガナイズ

すぐに水筒を割る子どもにピッタリのものを見つけました

こんにちは。こだわりの注文住宅の設計を生業としている和田さや子です。
家づくりは間取り以外にも考えることがたくさん!
間取り、省エネ、耐震性、耐久性、整理収納、インテリアなどなど、全方位から「理想の家」を探し求めるブログです。 自邸は2020年に建築。

小3の娘が水筒を割ったので、買いなおしました。小学校に入ってから2回目の出来事です。

こんにちは。一級建築士/ライフオーガナイザーの和田さや子です。

学童に通う娘は2サイズの水筒を持っています。

  • 秋冬に使う500mlサイズのプラスティック製水筒
  • 夏に使う1Lのステンレス製水筒

プラスティック製の水筒は実は小学校に入ってから2代目。その2代目の水筒が今回割れて使えなくなって今いました。1代目の水筒と同じく、何度も落としたのが原因。

母
落とさないように注意して!
娘
落とさないよう気を付けてるもん!

と平行線・・・かくいう母も、スマホを手から滑らし、2回も画面を割っているので、偉そうに言える立場ではありません。

そこで「落とさないよう!」と注意をするより、「落としても大丈夫」な水筒を探すしかない!という結論に至りました。

水筒を選ぶ基準は3つ

  • 500mlは入ること
  • 秋冬なので保温性は不要 軽さ重視
  • とにかく割れない!!!

いつもお世話になっているAMAZONで探して、見つけました!!

なんと本体がシリコン製の水筒です。飲み終わったらくるくると丸めて持って帰ってこれるそうです。くるくると丸めて使うことは、たぶんないと思いますが、3つのポイントをすべてクリアしているうえに、お値段も高くないということで購入決定!

珍しい水筒が届き、娘がご機嫌。逆止弁がついているので、さかさまにしてもお茶が出てこないことを知ると、「先生に見せてあげなきゃ!」と、意気揚々と持って行きました。

今度こそ、大切につかってくれよ~

お知らせ
片づけ収納ドットコムに毎月掲載中!

日経WOMAN2020年12月号で自宅収納を紹介