雑記帳

ワークライフバランスとワークアズライフ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

こんにちは。ライフオーガナイザー/一級建築士の和田さや子です。

今日は、私の働き方の話について少しばかり・・・以前、片づけ収納ドットコムの「小1の壁」特集の時に、さいとうきいさんが紹介してくださりました。良かったら、一度読んでみて下ださい。

ざっくり言うと、小1の壁にぶちあたり職住近接のために転職をしたわけですが、新しい職場で1年働いてみて、またちょっと働き方を見直す時期に来ています。会社に相談して、少し勤務時間を減らしてもらうことにしました。

こういうとき、ワークライフバランスという言葉を出して、仕事より家庭に時間を割いたり重きを置く・・・というイメージをしていましたが、最近この言葉がしっくりこないなぁと思っていました。

そんな時、ワークアズライフという言葉を知り、ピンときました。ワークアズライフという言葉は、落合陽一さんが提唱されている働き方スタイルのことだそうです。

東洋的には、ずっと仕事の中にいながら生きている、そしてそれがストレス無く生活と一致しているのが美しい。

日本再興戦略|落合陽一著、2018年、幻冬舎

住宅の設計や片づけということを仕事にしている私にとって、仕事をしているときだけが仕事ではありません。自分が日々生活していることそのものが、クライアントに還元できるネタの宝庫なわけです。

そして、9-17時という決まった勤務時間以外も、新たなことを学びに行ったり、夜に家でブログを書いたり、資格の勉強をしたり・・・どこまでが仕事でどこからが趣味であり生活なのか・・・その境界線って本当にあいまいだなぁと感じていたのです。

「仕事」か「家族」か、そんな選択を迫られているのではなくて、日々、自分が大切だと思うことを丁寧に積み上げていけばよい。そんなボーダーレスな仕事の仕方が自分には合っているなぁと思います。

イヤイヤと向き合うのは生活であり仕事にもつながっている?

私の仕事は出来上がったお家を「買いませんか」というものではありません。クライアントと一緒に、打ち合わせを重ねてプランして作り上げていくスタイルです。

ブログを通して、わが家のことや片づけのことを発信することで、私の人となりを知っていただき、「あ、この人に家のこと頼みたいな」そんな風に思われるようになっていきたいな、と思っています。

Work as Life・・・うん良い言葉だ。

和田
和田
働くことは生きること

そんな風に思いながら、今日も働いています。

↓片づけ収納ドットコムに毎月掲載中!
↓7月開催の「お片づけカフェ」参加者募集中です♪